地域によって費用が変わる

地域によって費用が変わる

地域によって費用が変わる 屋根塗装は塗装剤や面積などによって料金も違いますが、実は費用相場は地域によっても異なります。
雨が多い地域と少ない場所、海岸の近くにある場合と普通の街中にある地域、特性により使う塗料や作業工程も変わってくるため料金が違ってきます。
雨が多い地域の屋根塗装は、痛みが進みやすいので防水効果が強くて耐久年数が高い塗料を使うので、塗装費は高いです。
雪が多いと板金屋根が主で環境ダメージを受けると雪の滑りが悪くなり、潤滑性の高いウレタンシリコン樹脂などになるためこちらも高額になります。
台風が多いエリアでも屋根のダメージが強く塗装や修理が多くなり、同時に修理もすることになるため1回の金額が高くなりやすいです。
海が近いと潮風の影響を受けて金属製の屋根はさびやすく、その分屋根塗装が増えます。
塗装サイクルが早いので将来的にかかる相互的な金額も増加します。
環境的な要因でも塗装にかかる金額が違ってくるため、住んでいるところはどの特性があるかも重要です。

海が近い地域だと屋根塗装の費用が高くなる理由

海が近い地域だと屋根塗装の費用が高くなる理由 海の近くの家は潮風が吹いて塩害は避けられないものです。
塩は金属をさびやすくして腐蝕の速度を高めたり、屋根塗装に使用している塗料の効果を劣化させます。
そのため多少費用が高くても塩害に強い塗料を使用することが、その後何度も塗装を繰り返すことを防ぎます。
塩害対策に効果がある塗料としては、耐久性、耐塩性に秀でたフッ素系とアクリルシリコン樹脂性の2つのタイプがあり、どちらも金属の薄い膜を作り塩が直接当たらないようにします。
この2つは一般に使われるウレタンやシリコン系のものよりもグレードの高いもので、通常のものが1平米2千円前後だとするとその倍の4千円前後かかります。
しかし初期費用は高くてもその後の塗り替えの数が少なくなるので、後々お得と言えます。
塗料だけでなく塗料を塗る前に行う下地にも工夫が必要で、これも塩に強いもので丁寧に均等に塗ることで塩害を防止します。
海から離れていても被害はかなり海から遠くの家まで及ぶので、屋根塗装の際は業者に相談する必要があります。

新着情報

◎2021/1/14

フッ素塗装が単価的に魅力
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

地域によって費用が変わる
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

屋根塗装に必要な料金
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 雨」
に関連するツイート
Twitter