屋根塗装についての情報がいっぱい!

屋根塗装をしたほうがいい屋根の症状

屋根塗装をしたほうがいい屋根の症状 外壁の劣化は分かりやすいですが、屋根は高いところにあるのでなかなか確認できないこともあります。
そこでどのような症状が出たら屋根塗装をすべきなのかを確認しておくと良いでしょう。
まずは瓦のひび割れが見つかった場合です。
これを放置した場合、最終的に瓦が滑落してしまうこともあります。
また、台風などの時に瓦がズレてしまったり、飛んで落ちてしまうこともあるので注意しましょう。
雨漏りの原因にもなるため、早めに屋根塗装をすることが大切です。
棟板金の浮きがある場合も早めの対処が必要です。
金属屋根には棟板金というものがありますが、この棟板金が膨張や収縮を繰り返すことにより、棟板金を止めている釘が一緒に押し出されてしまいます。
最終的に釘が抜け落ちてしまうこともありますし、錆の原因になることもあるため、屋根塗装を検討しましょう。
日本瓦は固定や接着に漆喰を使用します。
この漆喰も風雨や紫外線に晒されることになるため、経年劣化が生じやすくなっています。
ひびがあると瓦がズレやすいため、屋根塗装が必要な症状と言えます。

屋根塗装と築年数の関係を確認しておくと良い

屋根塗装と築年数の関係を確認しておくと良い 屋根塗装は築10年が目安となっています。
築年数が10年になれば建物も劣化しますし、新築の時に塗られた塗料も落ちてくる頃になるでしょう。
そのためこの時期に家のメンテナンスとして屋根塗装を行う人が多いです。
屋根というのは毎日紫外線や雨風の影響を受けています。
耐用年数は建設時に塗られる塗料の種類によっても異なりますが、中には費用を抑えるために安い塗料が使われていることもあります。
特に建売住宅の場合は安いものを使っていることが多いので注意が必要です。
安い塗料の場合は外壁の保護機能である塗膜がすぐに劣化してしまうため、早めに屋根塗装をした方が良いでしょう。
屋根塗装で使われる塗料はアクリルやウレタン、フッ素などがあります。
アクリルやウレタンは4~10年程度しかもちませんし、フッ素でも15~20年程度の耐用年数です。
耐用年数を過ぎると雨漏りなどの原因にもなってしまうため、基本的には10年程度で塗り替えを行うことが多いのです。

新着情報

◎2020/11/13

地域によって費用が変わる
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

屋根塗装に必要な料金
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 症状」
に関連するツイート
Twitter