屋根塗装についての情報がいっぱい!

屋根塗装の塗料の種類

屋根塗装の塗料の種類 屋根塗装に使われる塗料にはいろいろな種類があります。
アクリルは昔から使われてきたものであり、安く屋根塗装ができることが大きなメリットです。
しかし、耐用年数は5~8年程度と短く、最近ではあまち使われていません。
耐久性は低くても短期間で塗り替えたい場合にはおすすめです。
シリコンは耐久性と費用とのコストパフォーマンスに優れており、一般住宅でよく使われています。
紫外線に強いことや汚れに強いことが特徴であり、手頃なのに屋根塗装に適していると言われています。
フッ素系塗料は高価ですが、耐久性に優れることが特徴です。
外的刺激を受けやすい屋根にも長く塗膜効果を発揮してくれるため、採用されることが多くなっています。
この種類は汚れが付着しにくくしてくれますし、雨水で落とせるようにしてくれます。
メンテナンスにあまり時間や手間をかけたくない場合はおすすめです。
耐熱性や耐寒性、不燃性にも優れていることがポイントです。

屋根塗装の塗料は耐久性で選ぶことがポイントです

屋根塗装の塗料は耐久性で選ぶことがポイントです 屋根塗装で使われる塗料にはいろいろな種類がありますが、どれを使っても見た目の違いはほとんどありません。
耐久性や機能に違いがあるだけですし、見た目についてはあまり気にしなくて良いでしょう。
グレードが高い方が見た目が良いというわけではなく、低いものでも塗り替えをすれば見た目は綺麗になります。
屋根塗装をする時に重要なのは耐久性を考えるということです。
屋根は直射日光や風雨による影響を受けやすく、外壁と比べて塗膜の劣化が進みやすいと言われています。
場合によっては外壁の2倍の速度で劣化してしまうこともあるのです。
屋根塗装でも外壁と同じ塗料を選んでしまうかもしれませんが、屋根の方が劣化が早いので同じものを選んでも耐用年数に差が出てきてしまいます。
そこでできるだけグレードの高いものを選ぶことが大切です。
外壁ならシリコンでも良いですが、屋根の場合はフッ素など耐久性に優れたものを選ぶことにより、塗り替えの時期を遅くすることができるのです。

新着情報

◎2020/8/27

屋根塗装に必要な料金
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 種類」
に関連するツイート
Twitter